だむろっしゅの文化活動部ログ

旅行、アート、映画、カメラなどなど。だむろっしゅの文化部的な活動記です。

【アート展】AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

先日、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ」へ行ってきました。

 

f:id:damrosch:20180914234446j:image

 

とても興味深く、かつ綺麗で、ぜひオススメしたい内容だったので、簡単に紹介していきたいと思います。

 

 

どんなアート展なの?

 

f:id:damrosch:20180914233603j:image

※9作品のベースとなる楽曲「AUDIO ARCHITECTURE」のセッションの様子

 

ある1曲の音楽を元に9組のアーティストたちが映像作品を作成し、展示しています。

ベースとなる音楽は同じであるのに、出来上がった9つの映像作品はそれぞれの個性に溢れ、まるで違った作品となっていました。

9組のアーティストの表現を楽しむと同時に、1曲の音楽から生み出される9つの可能性の広さに驚かされる展示会です。

 

以下、21_21 DESIGN SIGHTの公式HPに掲載されている紹介文の引用です。

私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)であると言えます。しかし、日常の中でその成り立ちや構造について特別に意識する機会は少ないのではないでしょうか。

本展では、ミュージシャンの小山田圭吾Cornelius)が展覧会のために書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を、気鋭の作家たちがそれぞれの視点から解釈し、映像作品を制作します。参加作家は、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を横断しながら、多彩な感性をもって新しい表現に取り組む9組です。

 

 

見どころは?

 

f:id:damrosch:20180914234352j:image

※ 大西景太 「Cocktail Party in the AUDIO ARCHITECTURE」

聞こえる音をグラフィック化し、無数のモーショングラフィックとして表現

 

同じ1曲の音楽を基に、9つの多彩な作品が生まれる可能性を感じられるところです。

 

先にご紹介した公式HPの引用を使わせていただくのであれば、

「それぞれの視点から解釈し」た結果を楽しむことがこの展覧会のポイントであると感じました。

 

少し話がズレてしまいますが、翻訳という行為はあるメッセージをどう解釈して、再構築するかという行為であると考えています。

メッセージ⇨解釈⇨再構築というプロセスに着目すれば、音のアーキテクチャ展で見られる9つの作品は

各アーティストによる翻訳の結果となります。

 

来場者はそうした翻訳の結果を、9つのアレンジにて味わうことができるのです。

イラストレーションやコンピュータグラフィックス、実写の映像、プログラミングによる参加型作品まで、様々な翻訳を楽しめます。

 

考察の最終的な結論としては、音楽というジャンルの可能性を広げるとともに、

現代社会における多様性の肯定が背景にあるのかなと感じました。

 

個別の作品の考察も行いたいのですが、長くなってしまうため、また次回に。

ありがとうございました。