だむろっしゅの文化活動部ログ

旅行、アート、映画、カメラなどなど。だむろっしゅの文化部的な活動記です。

折笠 良「エンドゲーム・スタディ」について考えてみた 〜音のアーキテクチャ展

今回は、先日鑑賞してきた「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」で出会った、 折笠 良氏の「エンドゲーム・スタディ」という作品について書きたいと思います。

 

この作品は、記号の解体、昇華、新しい表現を試みた作品なのかな、と感じました。

特に印象に残ったこちらの作品について考えたことをまとめていきます。

f:id:damrosch:20180923165419j:plain

 

どんな作品なの?

「AUDIO ARCHITECTURE」という楽曲に合わせて、それぞれのアーティストが映像作品を作成するというのが本展覧会のベースでした。

その中の1つが折笠 良氏の「エンドゲーム・スタディ」です。

 

映像の中では、私たちが普段目にするアルファベットの記号(のようなもの)が音楽に合わせて、舞い上がり、線で結ばれ、また離れて、盤面の上を生き物のように動き回る様子が描かれていました。

 

c、m、tなどのアルファベットの記号が出てきたと思ったら、飛び跳ね、ひっくり返ったり、線で星座のようにつながれたり、かと思いきや砕けてしまったり、と動き回るのです。

そんな様子を見ていると、最初はたしかにアルファベットの記号だったのに、あれ?これはアルファベットなんだっけ?と思えてきてしまいます。

 

公式HPでは以下のように説明されています。

オスカー・ワイルド石原吉郎ロラン・バルトといった、作家・詩人・思想家のテキストをモチーフに制作してきた折笠 良は、記号たちを楽曲に乗せて、生命的挙動を吹き込む。アルファベットの文字たちが平面を離れて舞うたびに、意味(シニフィエ)と記号(シニフィアン)をつなぐ軛(くびき)が外れ、新しい言語の生成が言祝(ことほ)がれる。

http://www.2121designsight.jp/ 21_21 DESIGN SIGHT HP)

 

エンドゲーム・スタディとは?

この言葉、私は今まで知りませんでした。

調べてみたところ、ボードゲームのチェスに関する言葉のようです。

 

ある盤面からどのように動かせば、勝ち、または引き分けに持ち込めるかを考えるパズルの一種であり、将棋の詰将棋のようなものとのこと。

作中でもチェスのモチーフが出てきます。チェス盤のようなフィールドが何度も現れ、アルファベット(のようなもの)がその上を舞い踊っていました。

 

エンドゲーム・スタディとは、チェスのルールに基づいてある1つの正解を求めるゲームです。このことを知った時に、公式HPの説明文中のシニフィエシニフィアンのことを思い出しました。

 

シニフィエシニフィアンって?

シニフィエシニフィアンは、言語学の分野で定義されたフランス語の学術用語です。

日本語訳はいくつかありますが、下記のような表現がわかりやすいかなと思います。

  シニフィエ=「意味されるもの」

  シニフィアン=「意味するもの」

 

この言葉を初めて聞いた方は、全然わかりやすくないよ、と思ったでしょうね、私もそうでした(笑)

 

例えば、りんごというあの赤くて丸い果物を想像してください。これを指し示すためには、りんご、リンゴ、林檎…などいくつかの言葉があります。このとき、最初に想像していただいたりんごという概念がシニフィエ=「意味されるもの」、指し示すための言葉がシニフィアン=「意味するもの」となります。

シニフィアンは書かれた文字だけではなく、私たちが声に出した時の音声なども指します)

※上のイメージがシニフィエ、下の言葉がシニフィアンです。 

f:id:damrosch:20180923190653j:plain

 

この考え方、学術用語が出てくるまでは、りんごというものに対しては「りんご」という言葉が絶対的に結びつくものだと考えられていました。でも日本語ではりんごや林檎、と表すし、英語ではApple、ドイツ語ではApfel、と文化ごとに色々な表し方ができます。

 

つまり、あるイメージと言葉は1対1の関係だと思われていたところに、新しい考え方、概念をもたらしたのがシニフィエシニフィアンだと言えるのです。

 

作品解釈にどう関係があるの?

最初に書いたように、この作品の中ではアルファベットだと思っていた記号が動き回るうちに、それが記号だということが曖昧になってきます。

 

シニフィエシニフィアンという言葉で言い換えてみます。

作中に出てくる「m」というシニフィアン(意味するもの)は、最初のうちは「mというアルファベット」というシニフィエ(意味されるもの)と結びついています。しかし「m」というシニフィアンが画面の中で動き回るうちに、それが「mというアルファベット」であるということが分からなくなってくるのです

生き物のように動き回る「m」はもはや「mというアルファベット」との関係から離れ、新しい何かに変わっていきます

 

「エンドゲーム・スタディ」というタイトルに戻り、考えてみます。

ある1つの正解を求めるゲームがエンドゲーム・スタディです。しかし作中に現れるアルファベットたちは、「アルファベット」とある1つのシニフィエから解放されていくのです。このとき私たちが見るものは、ある1つの正解に集約していく「エンドゲーム・スタディ」から解放された記号たちなのではないでしょうか。

チェス盤から舞い上がる記号たちを見て、そう感じました。 

 

まとめ

折笠 良氏の作品は、「エンドゲーム・スタディ」というある1つの答えを導きだすこと、というタイトルでありながら、作中ではアルファベットの記号(のようなもの)が元々の記号の意味から解き放たれていく、新しい様々な意味を獲得していく作品でした。

映像表現を使って、記号とその意味の関係性を壊し、進化させていく非常に素敵な作品でした。

 

芸術作品を見て、何を思うか、どう理解するのかの答えは決して1つである必要はなく、むしろ1つであることはあり得ないと思っています。ここまでに書いたことは、あくまでも私がこう解釈しました、という一つの可能性にすぎません。

映像作品ですので、文字や写真だけでは伝わらない部分も非常に多くあります。ぜひご自身の五感で作品を感じてみてください。

 

 ※展覧会全体の感想は過去記事にまとめていますので、こちらもご参照いただけますと幸いです。

damrosch.hatenablog.com

 

【アート展】大地の芸術祭2018

今回は新潟県にて開催されていた

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」についてレポートしていきます。

 

私はひょんなことから、会期中に2回、合計4日間回ることができたので、

概要とともにいくつかの作品をご紹介していきます。

 

 

f:id:damrosch:20180917232941j:plain

レアンドロ・エルリッヒ「Paimpsest:空の池」

 

どんなアート展なの?

新潟県の越後妻有地域で3年に1度開催される国際芸術祭です。

2000年に始まり、今回で7回目の開催でした。

 

通常のアート展とは異なり、越後妻有地域の広く様々な場所で作品が展示されており、

作品によっては古民家や廃校をそのまま使った作品まであります。

作品がいろんな場所に点在しているため、ゲストは各自で移動して作品を巡ることになります。

移動中この地域の豊かな自然や独自の文化、地域の方との交流を楽しむことができるのも、

大地の芸術祭の魅力の一つとなっています。

 

実際に、黄金色に輝く稲穂に驚かされたり、静かなブナ林の中を歩いたり、

妻有ポークや山菜などの地元の食材を使ったご飯をいただいたりと、

アートはもちろん、越後妻有という地域を存分に楽しむことができました。

 

f:id:damrosch:20180918001006j:plain

※妻有ポークや山菜、コシヒカリを使ったお食事

f:id:damrosch:20180918001014j:plain

大自然を感じられるのも魅力の一つ

 

どんな作品が見られるの?

大地の芸術祭に出展されている作品は約380点にものぼるそうです。

 私も1/4も回れていないくらいかと思います。

その中でもいくつかの作品を以下に紹介していきます。

 

ターニャ・バダニナ「レミニッセンス(おぼろげな記憶)」

奴奈川キャンパスという閉校した小学校の一室に作られた作品。

人間の記憶は覚えたてのときよりも、少し時間が経ってからの方がよく思い出せるという現象レミニッセンスという名前が付けられています。

教室には誰もが小学校の時に使ったことがあるであろうフラスコやビーカーなどの実験道具が並べられていますが、

薄い膜で覆われていて、おぼろげにしか見ることができません。

小学校という共通の思い出を使って、記憶の不完全性を表現した作品かなと考察します。

f:id:damrosch:20180918001624j:plain

※奴奈川キャンパスはそのほかにもいくつかの作品を見ることができました。

f:id:damrosch:20180918001648j:plain

 

KIGI「スタンディング酒BAR 酔独楽 よいごま」

十日町の美術館キナーレ内に設置されたスタンディングバー。

独楽として回すことができる盃で新潟の日本酒をいただくことができます。

サイコロを2つ投げ、出た目の組み合わせにより飲めるお酒の種類と盃の大きさが変わるという独特のお店で、地元出身の店員さんと語ることができました。

f:id:damrosch:20180918001826j:plain

 

田島征三「絵本と木の実の美術館」

 廃校になった小学校まるまる一つを使った作品。

実際にこの学校に通っていた3人の生徒を登場人物とした絵本『学校はカラッポにならない』の世界観を流木や和紙などを使って表現しています。

過疎地域の再開発・再利用が大地の芸術祭の目的の一つだと思うので、そうした視点から見ると最も成功している作品にあげられるのではないでしょうか。

f:id:damrosch:20180918001855j:plain

 

カリン・ヴォン・ダ・モーレン「これはパイプではない」

ナカゴグリーンパークの近くに設置された作品。

アートに詳しい方であれば、ルネ・マグリットの「イメージの裏切り」を想起するであろう作品名がつけられています。

マグリットはパイプの絵の下に「これはパイプではない」と文字をかいて一作品とすることで、書かれたパイプはどこまで突き詰めても本物のパイプではないことを表現しました。

この作品では明らかにパイプではないオブジェに対して、この作品名をつけることで、イメージの裏切り、のさらに裏切りをしようとしたのでしょうか。

いくら考えても自分なりの解釈に落ち着きませんでした。

f:id:damrosch:20180918001909j:plain

 

 

鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志「脱皮する家」

築150年を超える木造民家を壁や床、柱、天井、梁など至るところを掘り抜き、脱皮させることで作品として生まれ変わらせた作品。

案内の方に裸足で鑑賞することを勧められましたが、これが大正解。

足の裏からも削られた作品を感じることができました。

絵本と木の実の美術館と同様に、過疎化していく地域を再生させた素晴らしい作品でした。

f:id:damrosch:20180918001949j:plain

 

クリスチャン・ボルタンスキー + ジャン・カルマン「最後の教室」

こちらも廃校を利用したインスタレーション作品。

人間の生と死や不在などをテーマとするボルタンスキーの作品としては3作品目の鑑賞でした。

最初はお化け屋敷のようで不気味でしたが、1番奥まで進み、棚に並べられた物たちを見て、ここに生きた/生きている人たちの痕跡を残そうとした明るい作品なのかなと感じました。

詳しくは書きませんが、是非足を運んでご自身の五感で感じてもらいたい作品です。

f:id:damrosch:20180918012528j:plain

f:id:damrosch:20180918002034j:plain



まとめ

大地の芸術祭という名前や全体のコンセプトにも打ち出されている通り、自然と人間の関係性にフォーカスした作品が多いアート展でした。

越後妻有という場所で開催することの意味、地域性を考えながら鑑賞することでさらに深く楽しむことができると思います。

作品の中には会期中以外にも鑑賞できる作品もありますし、3年後にはまた新規作品を加えて開催されます。

是非訪れて見てください。 

 

 

 

【アート展】AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

先日、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ」へ行ってきました。

 

f:id:damrosch:20180914234446j:image

 

とても興味深く、かつ綺麗で、ぜひオススメしたい内容だったので、簡単に紹介していきたいと思います。

 

 

どんなアート展なの?

 

f:id:damrosch:20180914233603j:image

※9作品のベースとなる楽曲「AUDIO ARCHITECTURE」のセッションの様子

 

ある1曲の音楽を元に9組のアーティストたちが映像作品を作成し、展示しています。

ベースとなる音楽は同じであるのに、出来上がった9つの映像作品はそれぞれの個性に溢れ、まるで違った作品となっていました。

9組のアーティストの表現を楽しむと同時に、1曲の音楽から生み出される9つの可能性の広さに驚かされる展示会です。

 

以下、21_21 DESIGN SIGHTの公式HPに掲載されている紹介文の引用です。

私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)であると言えます。しかし、日常の中でその成り立ちや構造について特別に意識する機会は少ないのではないでしょうか。

本展では、ミュージシャンの小山田圭吾Cornelius)が展覧会のために書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を、気鋭の作家たちがそれぞれの視点から解釈し、映像作品を制作します。参加作家は、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を横断しながら、多彩な感性をもって新しい表現に取り組む9組です。

 

 

見どころは?

 

f:id:damrosch:20180914234352j:image

※ 大西景太 「Cocktail Party in the AUDIO ARCHITECTURE」

聞こえる音をグラフィック化し、無数のモーショングラフィックとして表現

 

同じ1曲の音楽を基に、9つの多彩な作品が生まれる可能性を感じられるところです。

 

先にご紹介した公式HPの引用を使わせていただくのであれば、

「それぞれの視点から解釈し」た結果を楽しむことがこの展覧会のポイントであると感じました。

 

少し話がズレてしまいますが、翻訳という行為はあるメッセージをどう解釈して、再構築するかという行為であると考えています。

メッセージ⇨解釈⇨再構築というプロセスに着目すれば、音のアーキテクチャ展で見られる9つの作品は

各アーティストによる翻訳の結果となります。

 

来場者はそうした翻訳の結果を、9つのアレンジにて味わうことができるのです。

イラストレーションやコンピュータグラフィックス、実写の映像、プログラミングによる参加型作品まで、様々な翻訳を楽しめます。

 

考察の最終的な結論としては、音楽というジャンルの可能性を広げるとともに、

現代社会における多様性の肯定が背景にあるのかなと感じました。

 

個別の作品の考察も行いたいのですが、長くなってしまうため、また次回に。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ご挨拶として

こんにちは、だむろっしゅです。

初回投稿なので、簡単にこのブログをどういう内容にしていきたいのか、つづっていきたいと思います。

 

どんな記事を書くの?

 

だむろっしゅが行った/見た/撮ったいろんな文化的な活動を記録していきます。

特に書いて行けたらいいなと思うのは、現代アート展などの訪問記、映画や舞台演劇の感想・考察、たまに出かける旅行記録などです。

そう、要するに私の趣味の記録です(笑)

 

だむろっしゅってどんな人?

 

関東に住む文系大学院卒のサラリーマンです。

学生時代に旅行や観劇、アートに興味を持ち、社会人になってからも暇を見つけては足を運んでいます。

 

特に最近は現代アートにハマっています。

去年は聖地の一つでもあるヴェネチアビエンナーレにも行ってきたので、その内思い出を書き留められたらいいなと思ったり。

 

観劇も好きです、宝塚にハマってた時期も。

映画も好きです、単館映画も観に行ったりします。

旅行も好きです、年に1回は日本を飛び出したい。

あと最近カメラ買いました。

そんな感じです。

 

文化活動ってなによ?

 

具体的な定義をしているわけではありませんが、日々の生活をちょっとだけ豊かにするものだと考えています。

 

アートや映画などの娯楽はお金にならないから、ビジネス書とかを読んだ方が有意義だよ、と言われたことがあります。

 

もちろん、一理あると思います。

AIやIoTなどの言葉が身近になったこの時代、生きて行くにはビジネスやテクノロジーについて学ぶことは大切です。

 

でも、それらに負けないくらい、アートや映画などの文化活動も大切だと、私は考えます。

そうしたものに接したとき、ほんの少しでも心が動く瞬間がありませんか?

この経験が毎日の生活に彩りを加えて、豊かさを与えてくれるはずです。

 

このブログでは、そんな文化活動を記録して、読んでくださる方に共有できればと思っています。

少しでも共感いただける点があれば、お付き合いいただければ幸いです。

 

どうぞよろしくお願いします。